IMG_2502

今年の夏の一番の悲しい出来事は、
ガレージの袖机の上で20年以上音を奏でてくれたエマーソン製の真空管ラジオがとうとうご臨終となってしまったことでした。
ある日突然、聴いている途中でプツンという音とともにガーッという雑音だけに・・・
電源は入るのですが音を拾いません。
1950年代製にもかかわらず、今まで故障知らずで動いてくれて、
僕はいつもコイツでAFN(American Forces Network 米軍放送・・・昔のFENですネ)を聴きながら珈琲を飲み、会社に出勤するのを日課としていたんですよねェ~

『ラジオ離れ』・・・なんてコトバが死語になってしまうほどに廃れてしまったラジオ、それもAM放送なんですが、僕にとってはなくてはならないモノ。


なのでエマーソンの後を継ぐモノとして、
ロバーツのR250(なんと新品!)を手に入れました。

1950年代にヒットしたR200の復刻版として未だに生産されているR250、鮮やかなイエローの衣装をまとったスタイリッシュでちょっぴりレトロな英国王室御用達のラジオです。

IMG_2496

IMG_2501

ロバーツは、1932年にHarry Roberts と Leslie Bidmead によって設立された英国のラジオメーカー。
二人三脚でラジオ造りに努め、ハロッズのピアノ売り場で扱われるに至り成功を収めます。
現在ではエリザベス女王とチャールズ皇太子のロイヤルワラントを所有するラジオメーカーとしては唯一の存在・・・

IMG_2497

箱から取り出してACアダプターをつなぎ、その温かい音色を確認したあとはさっそくガレージに。

IMG_2498

IMG_2510

写真集やバイクのミニチュアが積んであったエメコチェアーの上をキレイにして
試しに置いてみました。
石膏製の大きなD-TYPE、DUNLOPの看板とともに黄色い差し色でガレージが少し明るくなったかナ?

IMG_2507

IMG_2511

IMG_2508

ではその音色を聴いてください!
チューニングはもちろんAFN、810khzですョ!!




IMG_2509

ちなみに・・・
ガレージに登場したこの黄色いロバーツによって現役引退となったエマーソン、
長年の労をねぎらって、
引き続きガレージの ”景色” としてそのままの場所に残すことにしましたョ。。。。