IMG_5443-1

きょうは午後の仕事をサボって、再び映画『FORD vs FERRARI』を観てきました。
映画自体も公開2周目なんですが、僕自身も早くも Lap 2 に突入!?

最初に観たときよりも短く感じた今日の二度目は、
コーフンしたあまりに一度目の観賞では気が付かなかった素敵な描写を確認することも出来て、
とても有意義でした!
例えばトップを走っていたケン・マイルズがフォード上層部の司令を受け入れて3台同時にチェッカーフラッグを受けたために、後方からスタート(予選ラップが遅かったがため)したマクラーレン/エイモン組に優勝を譲る結果となってしまった直後、失意のマイルズがルマンのピットを仰ぎ見るとエンツォ・フェラーリが彼に対して帽子をとり、静かに敬意を表していたシーンなんかには思わずジーンとさせられます。

ところでウチのガレージに眠っている数々のいにしえのクルマ雑誌の中で、
「カーマガジン」の1966年9月号にはこのレースの詳細を日本レース界のレジェンド、式場壮吉さんが現地でレポートした記事が掲載されていましたョ!

その記事によれば、
ルマンの主催者はヘンリー・フォード2世に、
”どのフォードGT40を1位にするのか?”
と相談したそうです。
ヘンリー・フォード2世の答えは、
「ルール通りにしてください」・・・

それ故の、この結果でもあったんですねェ~

ではその式場壮吉さんのレポートの全貌を!
画像は拡大できますので、この映画にご興味ある方はぜひ読んでみてください~

IMG_5444-1

IMG_5445

IMG_5446

IMG_5447

IMG_5448

IMG_5449

IMG_5450

IMG_5451

いかがでした?
FORD vs FERRARI by 式場壮吉!

さて、この雑誌の別の記事に書いてあったのですが、
フェラーリが完敗に終わった要因のひとつは、当時のフェラーリF1チームのエースだったジョン・サーティーズが出場しなかったことが挙げられるそうです。
前年にクラッシュして怪我を負ったサーティーズのパフォーマンスが未だに回復していないとして、スクーデリア・フェラーリが出場を許さなかったらしいのですが、激怒した彼はルマンが終わった直後にロンドンに帰り、フェラーリとの決別を発表・・・
二輪と四輪の両方で初めてチャンピオンになったテクニシャンがもし参加していれば・・・
もしかするとフェラーリP3も全滅することはなく、優勝は無理だったとしてもフォードの1~3位独占を崩せていたかもしれなかったですねェ・・・

さて、 Lap3 は・・・果たしてあるのかなァ。。。???