1993,10,28 ・・・・

この数字は、日本のサッカーファンにとっては永遠に忘れられない数字です。
1993年10月28日、ドーハの悲劇・・・・


今日はそれからちょうど20年たった節目の日。
なので、きょうだからこそどうしても買いたい雑誌がありました。


Sports Graphic 「Number」 839号
~ドーハの悲劇 20年目の真実。~

イメージ 1

イメージ 2

そういえば20年前のあの日、
僕も朝から緊張していました。
確か物ごころついて初めて歯を磨くのを忘れて会社へ行き、
あわてて近所のコンビニで歯磨きセットを買ったんだっけ・・・・
メキシコ五輪以降の、日本サッカー界にとっての暗黒の25年に終止符をうつべく
一筋の光が射すかとも思われたのですが、
結果は皆さんもご存知の通り・・・・

翌日 得意先へ向かおうと乗っていた日比谷線で、通路を挟んで反対側の席に座っていた
僕よりも少し若いサラリーマンが、車内にもかかわらず涙を流しっぱなしだった光景が、
いまだに鮮明に僕の脳裏に焼き付いています。

ところでなんの因縁か、
20年後のきょうは
その運命のイラク戦がおこなわれていたのと同じような時間に
ドーハのあるカタールの隣国であるアラブ首長国連邦で
U17ワールドカップの決勝トーナメント一回戦、日本ースウェーデン戦が行われます。
予選リーグ3連勝と絶好調だった若い日本代表チームの運命は果たして・・・・?

結果はともかく、
すくなくとも前を向いて進むしかありませんよネ。
サッカーも・・・人生も。
次の20年後の明るい未来を信じて。。。。



※日本1-2スウェーデン・・・ボール支配率75%で圧倒しても、GKがミスしたりシュートが   枠に飛ばなくっちゃ勝てませんネ。10月28日・・・やっぱり・・(2013.10.29)