イメージ 1

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6195578

きょうはサッカーファンとして、最も悲しい日となりました。
上記のyahooニュース・・・衝撃です。
ヨハン・クライフ死去・・・
もう半世紀近くサッカーの虜であった僕にとっては、唯一無二の神だったのです。
青果店を営む貧しい家に生まれ、早くに父を亡くし、アヤックスの施設で清掃員として働いていた母親に付いてクラブに出入りするようになると・・・後に世界のサッカーを根底から変える存在へ!

イメージ 8
※僕のガレージの片隅に眠っていた当時のサッカーマガジンより・・・




イメージ 2
1974年西ドイツワールドカップ 2次リーグ初戦、対アルゼンチン戦での超テクニカルな先制ゴール・・・

イメージ 6
おそらくは世界中のサッカー少年が真似たであろう2次リーグ最終戦、前回王者ブラジルの息の根を止めたショッキングなまでに美しかったジャンピングボレー。

イメージ 7
不運にも頂点に立つことは叶わなかった西ドイツとの決勝。

イメージ 3
オランダ代表として最後の国際舞台となった1976年ヨーロッパ・ネーションズカップの予選、対ポーランド戦。相手の主将、カジミエジ・ディナもすでに鬼籍に入り・・・

イメージ 4

クラブではアヤックス、そしてバルセロナ・・・

いま、世界中の至る所で、彼のための祈りが捧げられていることでしょう
(たとえISの内部であっても!)

イメージ 5

僕も、
最近モデルカー作りのために酒は控えてきましたが、
今夜だけは献杯・・・

明日は・・・喪に服したいと思います。。。