イメージ 1

さて、先週板室温泉に宿泊し、次に訪れたのは日光でした。
驚いたことに宇都宮からの日光線電車は満員状態・・・
おまけにその6割以上が外国からの観光客!
(おそらくは大半が、かつて日本が戦争をした国からの方々なんだと思われます。71年前のきょうの日の事を思うと、平和の大切さを実感できる光景でもありますよネ。)
ひと気のない山奥の温泉場から来た身としては、久々に大勢のヒトを見たよなァ~
・・・って感じです。

イメージ 2

ところで、日光にやってきたのには明確な目的がありまして、もちろん東照宮に行きたいとか金谷ホテルに泊まりたいとかじゃなくて、3つの歴史的な建築物を見物するためなのでした。
で、実はこのJR日光駅もそのうちのひとつ・・・
大勢の乗客が去った後のホームに残り、じっくり観察です。


イメージ 3

現在の日光駅舎は大正元年(1912年)に建てられた二代目らしいのですが、日本有数の観光地の玄関口らしく、白を基調にペイントされたその姿はとても上品かつクラシックな印象・・・
なんといっても104年の歴史ですからねェ~


イメージ 4

この日光駅が只モノではない証が一階のホームに面した貴賓室と、
改札を出て正面の階段を上った二階にある一等車待合室でしょうか・・・


イメージ 5

その階段をあがっていくと・・・

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

広々とした空間に華麗なシャンデリア・・・
往時は椅子などの調度品も置かれていたのでしょうが、一等車を利用して日光にやってくる人たち、いったいどんな旅のスタイルをしていたんでしょうねェ~
今の季節だったらホワイトリネンのスーツにパナマハット、手には革製のラゲッジとかかなァ・・・
しばし、古のリゾートスタイルに思いを馳せてしまいます。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

さて、ではいよいよ外観を眺めることにしましょうか・・・
でも僕が一番気に入ったアングルは、下の写真。
駅舎を出てすぐの、
大きなひさしの内側、縦横に走るラインが放射状に見えるこの場所かナ。
なんか・・・いいでしょ~?


イメージ 13

では余計な解説など不要な、素晴らしい日光駅の外観です・・・

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

いかがです?

いまだに現役で、
エレガント・・・
という形容詞がこれほど似合う駅、
他にはないんじゃないかナ。。。。?