イメージ 1

黒一色で力強く描かれた、御殿場線の山北駅・・・
そしてかつてはこの地を走っていた、D52蒸気機関車。


イメージ 2

この「D5270」は、以前にこのブログでもご紹介したように、1968年8月1日に御殿場線が電化された後、山北駅のすぐ近くの公園で保存され、静かな余生を送っているのですが、
http://blogs.yahoo.co.jp/wk4868/26891408.html
それをモチーフにつくられた、山北にある川西屋酒造の純米酒「丹沢山」の特別バージョンである「俺たちのD52」をゲットしちゃいました!

イメージ 3

イメージ 4

D5270が山北駅、谷峨駅とともに描かれたラベルに、
陶器製のかわいい限定ボトル・・・

イメージ 5

イメージ 6

道楽爺としては、やはり酒にも一家言あってコダワリを持つのが世の中的には当たり前(?)だと思うのですが、それについての造詣が深くない僕としては別の拘りを・・・
酒って、味とか飲みごたえとかで語るのもいいのですが、こういった趣味的な視点でいくのもアリだよナ・・・
地元、神奈川の街興しにも貢献できますしネ!
そして、在りし日の最も力が強かった蒸気機関車の勇姿を想像しながら
静かに呑む・・・
決してD酔して52ょ52ょ言ったりする事のないようにネ。

イメージ 7

気になった方は、下の画像を拡大してぜひ問い合わせてみてください・・・

イメージ 8

ところで、
この御殿場線を走ったD5270には、それを復活させる計画もあるそうです。
まずは圧縮空気で。
そして将来的には、石炭で山北ー御殿場を・・・という取り組みらしいのですが、
その暁には、この陶製ボトルを抱えてぜひ祝杯をあげに‼︎
御殿場線沿いの田圃にでも陣取って、その姿を肴に酒盛りでもしたいモンですねェ。。。。