イメージ 1

三角形モザイク模様美しい丸い物体・・・

イメージ 2

これは、林檎!
箱根寄木細工第一人者箱根駅伝トロフィーがけている作家・金指勝悦さんよって生み出された製品です。
実は日曜日の日経新聞掲載されていたのを読んで矢も盾もたまらず・・・

イメージ 3

箱根寄木細工は、江戸時代末期箱根畑中いう集落興った独特の木工工芸技術で、様々持つ風合い組み合わせて幾何学模様創り出す独特の工芸品・・・

その畑中の生まれた金指勝悦さんは、大正時代より衰退一途辿っていた寄木細工伝統受け継ぎ、独自で考案した手法加えて新たな工芸品として蘇らせいる現代の名工です。

その手法とは、”無垢の寄木細工”
通常寄木細工沢山の木片を接着したブロック表面を薄く削り、木工品表面に貼っていくですが、彼のやり方そのブロックそのままくり抜いてしまうというもの・・・
なので微妙な曲面や段差など、表現飛躍拡がりました。
しかし加工手間暇故に量産には向きません。
なのでこれは、もはやアートでもいえそう存在感放っています・・・


では、無垢の寄木だからこそ魅力造形・・・

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 9

イメージ 8

現代箱根名産・・・
それは伝統技術劇的アップ見ない
稀代名工アイデア情熱果実・・・とも云うべき、林檎なのでした。。。