イメージ 1

さて、蒲郡クラシックホテルにチェックインを済ませたあとは、日の暮れ始めた竹島を訪れてみることにしました。
ホテルが建っている小高い丘から近道の階段を降りて行くと、そこには小さな洋館が。

イメージ 2

これは、蒲郡ホテルの前身であった料亭旅館常磐館を再現したもので、菊池寛、志賀直哉、谷崎潤一郎、山本有三、井上靖、川端康成などの文豪たちが滞在した、在りし日の姿を今に伝えます。

イメージ 3

そしてそのすぐ横には沈み行く太陽を背景にした竹島橋・・・

暮れないうちに、先を急ぎます。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

あたりに人影は見えず、ただ水鳥が舞うだけの竹島橋・・・
吹き付ける冷たい風が、荒涼感をつのらせます。

イメージ 8

イメージ 9

振り返ると、蒲郡クラシックホテルの優美な姿。
なにかに憑かれたかのように、突然鳥たちが飛び立ち・・・

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

竹島は、三河湾に浮かぶ周囲680mの無人島なのですが、その植生が特異なことから天然記念物に指定されています。
島の大部分を占めているのは八百富神社・・・
竹島弁天とも呼ばれているそうです。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

その石段を登る途中から眺める景色は・・・もう絶景!

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

しかし・・・暗がりの神社に独りというのも、なんだか妙な気分。
あたりを支配する空気が・・・こころなしか濃厚なような気が・・・
背中がゾクゾクするのを感じながら、境内を奥に進みます。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

知らず知らずのうちに、緊張感を強いられるひととき。
幽玄、清冽、厳か、神妙、畏怖、メランコリー・・・様々なコトバが浮かんでは消え・・・

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

ほんの僅かな時間だったはずなんだけど、
ものすごく長く感じた竹島滞在・・・

イメージ 31

八百富神社の石段を降りてみると・・・

いつのまにか潮は満ち、
鳥たちは既にどこかに姿を消してしまっていたのでした。。。